2011年8月4日木曜日

[debian/ubuntu/ARM]LPCXpressoの日本語化

今回LPCXpresso LPC1114の開発環境を整えるにあたって

・java-6-sun
・code_red LPCXpress
・Pleiades

を用意して日本語化してみた。



1.sun java6をインストールする。

    1-1.ターミナルを起動しsun-java6-jdkをインストールする。
$ sudo apt-get install sun-java6-jdk


    1-2.デフォルトではjava-6-openjdkになっているのでsun-java6-jdkに設定する。
$ sudo update-alternatives --config java
 
There are 2 choices for the alternative java (providing /usr/bin/java).
    Selection    Path                                                 Status
  ------------------------------------------------------------
  * 0            /usr/lib/jvm/java-6-openjdk/jre/bin/java   1061      auto mode
    1            /usr/lib/jvm/java-6-openjdk/jre/bin/java   1061      manual mode
    2            /usr/lib/jvm/java-6-sun/jre/bin/java       63        manual mode

  Press enter to keep the current choice[*], or type selection number: 2
  update-alternatives: using /usr/lib/jvm/java-6-sun/jre/bin/java to provide /usr/bin/java (java) in manual mode.


2.LPCXpressoインストールする。

   2-1.LPCXpresso-Linux-x86-x.x.xのプロパティ>アクセス権の「プログラムとして実行できる」に チェックを入れ 実効させる。


3.LPCXpresso日本語化 

   3-1.標準でインストールさせるとディレクトリはバージョンによって違うため下記の様になる。

      バージョン3.8.3.317の構成は
      /usr/local/PCXpresso/eclipse
                                                ├features
                                                ├plugins
                                                └lpcxpresso.ini
    バージョン4.1.0.164の構成は
   /usr/local/lpcxpresso_4.1.0_164/lpcxpresso
                                                                  ├features
                                                                  ├plugins
                                                                  └lpcxpresso.ini



   3-2.Pleiadesを解凍し、「eclipse」の中に「featuresとplugins」のディレクトリをCopyさせる。

   3-3.「lpcxpresso.ini」をgeditで開き最後尾に次の一文を追記する。

       バージョンが3.8.3.317の場合
      -javaagent://usr/local/PCXpresso/eclipse/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar

      バージョンが4.1.0.164の場合
      -javaagent://usr/local/lpcxpresso_4.1.0_164/lpcxpresso/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar

     *PleiadesのReadmeのデフォルトでは間接アクセスパスなので、直接アクセスパスに変更してやる必要がある。LPCXpressoのインストールしたディレクトリパスに修正が必要。

   3-4.ターミナルを開き「-clean」オプションを付けLPCXpressoを起動させる。
      バージョンが3.8.3.317の場合
      $ /usr/local/PCXpresso/eclipse/lpcxpresso -clean

      バージョンが4.1.0.164の場合
      $ /usr/local/lpcxpresso_4.1.0_164/lpcxpresso/lpcxpresso -clean

<<注>>
debianではデフォルトの英語版LPCXpressoではターゲットボードが見つからず、初期化する事ができなかったが、日本語化するとターゲットを見つけることができた。

日本語化してもターゲットボードは見つからず、「-clean」オプションを付けた時だけ認識する事が可能になった。
なので、毎回ターミナルは面倒なのでgnomeパネルにランチャを作り、オプションを付けた。

これで今のところは認識しているが、毎回オプションを付けて起動することは良いのか 悪いのか...
なので、今度エラー文とできればlogを解析したいと思う。



参考文献
YSogabeの日記 「LPCXpressoの日本語表示」
http://d.hatena.ne.jp/YSogabe/20110410/1302448341

Pleiades - Eclipse プラグイン日本語化プラグイン
http://mergedoc.sourceforge.jp/

0 件のコメント:

コメントを投稿